おすすめはこちら
昨今思うと、あの間にいたスポーツマンで名球会に入ったスポーツマンね。
どれくらいいたのかな?ってね。
ウチではあるのですけれども、野手ですと。キャッチャーの古田。ショートの宮本慎也。光の稲葉。レフトのラミレスベイスターズプロデュース。投手は、クローザーの高津もいた。
他には、総計180勝上記やる石井一久もいたし、MLBにもいた岩村もいたし、池山もいた。そりゃあ勝つだろってね。実質想うね。
で、広島ね。
名球会のスポーツマンね。野村に緒方の盗塁王様をとったスポーツマンであり、プロデュース先人。前プロデュースと、今のプロデュースのタッグね。そうして、追及僧みたいな思い込みでした前田智徳ね。で、入団した間はなんだか奮戦できなかったが、2000年頃ほどから台頭して、アメリカ合衆国も奮戦、日本でも引き返して、200勝して無限欠番になって引退した黒田ね。けれども、その頃は勝てなかったね。投手が大野引退してしまい、佐々岡くらいになってしまったのがつらかったよね。
緒方は名球会には行けなかったけどね。